有限会社フォトセピア home | sitemap | お問合せ

スライドショーの構成と用語

スライドショーの構成
タイトル画面
スライドショーの最初の画面で、画像または、無地(通常は黒)の背景にタイトルを入れます。タイトル名はお客様にご指定頂きます。
サブタイトル(中間タイトル)
スライドショーの区切りに使うタイトル画面です。スライドの途中の区切りにサブタイトルを挿入すると、わかりやすいスライドショーになります。例えば、人物紹介のスライドショーでは、<誕生><小学生時代><高校生時代><○○商店勤務時代><孫たちと>・・というような入れ方が一般的です。
スライド画面
上図での各写真がスライド画面です。写真が使われます。また、デジタルの動画を静止画の代わりに挿入することも可能です。
テロップ(不図示)
各スライドには、必要に応じて短い説明文(テロップ)を入れることができます。
ズーム・パン(不図示)
各スライド画面には、特定の人をアップ(ズーム)したり、画面を上下左右に動かす(パン)効果を入れます。特定の人物をご指定頂ければ、その方をズームアップします。
エンドロール(長文メッセージ)
比較的に長い文章は、エンドロールとして入れます。エンドロールで一番よく見かけるのは映画の最後に出てくる配役やスタッフの紹介で、一般的に画面の下から上がってきて、画面の上端に消えてゆくものです。その使い方から『エンドロール』という言い方が一般的です。エンドロールはどこにでも入れられます。
BGM(音楽)
スライドショーの全編にわたってバック・グラウンド・ミュージック(BGM)を挿入します。
エンディング
スライドショーの最後の画面です。エンディングのタイミングでメッセージを入れることができます。スライドショーをプレンゼントとしてお作りになる場合は、贈る相手の方への感謝の言葉などを入れると効果的です。