有限会社フォトセピア home | sitemap | お問合せ

エンドロールオプション

1 エンドロールとは

  • エンドロールは、長いメッセージをスライドショーに入れる時に使います。
  • 映画の終わりに配役名やスタッフ名が映されますが、その時によく用いられる形式です。
  • 長い文章を下から上に動かしながら表示します。(縦書き文章の左から右方向移動も可能)

2 エンドロールの指定方法

  • エンドロールの文字の指定は、下図のように、挿入する場所とエンドロールのメッセージをご指定頂きます。中間タイトル、テロップと一緒に記載願います。
エンドロール指定

3 エンドロールの表示時間と文章の長さの見積(参考)

 スライドショーにエンドロールを挿入場合に、どの程度の時間が必要かを見積もる時の参考にしてください。文章の長さとエンドロールに必要な時間の関係を以下にご説明します。(通常は、フォトセピアで最適な時間になるように設定いたしますので、お客様にて見積る必要性はございません。)

【エンドロール時間から表示可能な文章長さを求める】

  • エンドロールに使う時間をT(秒)とします。
  • 1行2秒でのスクロールの場合、L=(T−20秒)÷2で求めた数値が表示可能な行数となります。3秒の場合はL=(T−30)÷3で計算して下さい。
  • 最大限表示できる文字数はL×20文字となります。
  • 縦書き横流しエンドロールの場合は、縦一行15文字程度が上限となります。
      但し、改行などは考慮されておりませんので、上記文字数より少なく設定してください。

【表示する文章からエンドロール時間を求める】

  • 表示する文章を一行20文字(横書き)として全体の行数Lを求めてください。段落や改行がある場合は、それも含めて行数を求めてください。大雑把には全体の文字数をMとすればM÷20が行数となります。
  • 求めた行数Lより表示時間TはT=L×2+20(秒)となります(一行2秒のスクロールスピード)。1行3秒の場合は、T=L×3+30(秒)としてください。